— yusskei.net

旅を共にしたい本!「Catching the Sun」(Tony Parsons)

CTS
昨年末にマレーシアに行ったとき、クアラルンプール国際空港でマレーシアリンギットが余ったので何か買おうと、偶然手にしたのが「Catching the Sun」(Tony Parsons著)。カバーのデザインから良書の雰囲気が伝わってくるし、そこに書かれていた一文がとにかく印象的でした。「Can you really start again in paradise?」

バックカバーのあらすじに目を通すとそれだけで情景が目に浮びます。舞台はタイ、プーケット。イギリス人一家が故国での暮らしを捨てて、異国の地に移住します。ゾウが子供と一緒に泳ぎ、森にはサルの鳴き声が響き渡り、ターコイズブルーの海が広がる南国のパラダイス。一見すると「新しい暮らし」にはこれ以上ない場所のはずが、実は様々な困難が待ち受けて・・というストーリー。

One young family goes in search of their dreams…

The Finn family – Tom, Tess and twins Rory and Keeva – leave broken Britain in search of a better life. Their destination is Hat Nai Yang beach, stretched along the south coast od Phuket, Thailand: an island paradise where the children swim with elephants, the gibbons sing love songs in the rainforest, the sea is like turquoise glass and a young family is free to glow.

But paradise has a heart of darkness and disasters made by man and nature conspire to shatter the tropical idyll – and threaten to fear family apart.

CATCHING THE SUNIS is a gripping and moving story of a young family who go in search of paradise – and discover themselves.

話に登場するHat Nai Yang(ナイヤンビーチ)はタイに実在する場所で、著者も自身が実際に訪れていたと書いています。島やコミュニティを愛し、海の案内までしてくれた現地の人たちが居なければ小説も書けなかったと述べています。だからこそのリアリティが面白く、物語に共感できる部分が沢山。

‘Body massage?’ one of the girl said to me. ‘Hand massage?’
‘Why would I want my hand massaged?’ I said.
Jessie laughed. ‘They massage you with their hand or with their body.’ ‘Slip them a few extra baht and they’ll even wash behind your ears,’ Jessie said. ‘Come on.’

ゴーゴーバーやトゥクトゥク、ソンクランなんかの馴染みのあるものから、美しい海や森、動物たちとの触れ合いが描かれています。一方で、それを壊すような人々の行いにも触れていて、実際に現地に行くと感じてしまう「もやもや感」も鮮明です。一貫して描かれているのはFinn一家の家族愛。純粋だけど不器用な夫Tomと強くたくましい妻のTess、おてんば娘のKeeva、それに動物が大好きで引っ込み思案なRoryという子供たち。どれも愛されるキャラクターです。

This was Songkran, the Buddhist festival of the Thai New Year. At the local wat, Buddha images were purified with water for good luck. Children poured fragrant holy water over the hands of their senior relatives. And everyone else had a water fight.

どうやら和書はないみたいですが、旅に持っていくにはぴったりの本。通常のペーパーブックで、32章・約300ページあるので、よほど英語に慣れていなければ、時間をかけても1週間で読むのは難しいかな・・。僕は平均して、1章1時間のペースでした。長めの旅で読んでください!

他にも、同じくタイ、プーケットに行くなら映画版でピピ島がモデルとなった「The Beach」(Alex Garland)、インドに行くなら「Slumdog Millionaire」(Vikas Swarup)、メキシコに行くなら「Born to Run」(Christopher McDougall)は、是非バックパックに詰めるといいかと思います:p

「Catching the Sun」、おすすめです。

0 comments
Submit comment