— yusskei.net

ローカルフードのお気に入り>>フィリピン留学

英語ネイティブとたくさんの時間を取れるフィリピン留学。勉強がしっかりできることはもちろん、「現地で暮らす」ことを体験できるのは貴重です。旅行で観光地を通り過ぎるのではなく、普段の生活をローカルで愉しむ。そこで偶然出会うものたちが、実はとても思い出に残っていたりするのです。

■フィリピン留学体験記 —社会人でもできる「1週間だけ英語留学」

という訳で、今回はフィリピンで特に気に入ったローカルフード3選。Angelesのネポボ生活で見つけたスバラシイ料理たちです。

PH_foodSisig。豚肉の炒め物です。一節ではアメリカ軍用の販売店で不要になった豚の耳やあごを地元の人たちが使って料理したのが起源という、まさにAngelesの郷土料理。豚肉、にんにく、玉葱が炒められてそのまま鉄板で出てきます。絶対ビールに合う。期待を裏切らない味。120PHP/約240円。

PH_porridgeArroz Cardo。いわゆるPorridge、おかゆです。シンプルで美味しい上に、とにかく安い!胃に優しい食事がしたい時には間違いありません。ジンジャーが効いたクセになる味。45PHP/約90円。ちなみにこれまでの2品はどちらも同じお店で、ネポボからほど近いネポモールNepo Mallのすぐ隣にある評判のいいお店です。

PH_pan最後は、Pan de Sal。砂糖がまぶせられたクラシックなプレーンパンで、フィリピンの朝食には欠かせない国民食です。ネポボの近くにも1軒ベーカリーがあって、そこのPan de Salがむちゃくちゃ美味しい。朝7時台に出る焼きたてが至高です。加えて、なんと一個3PHP/6円という破格の価格設定。業者かっていうほど大量に買い込みたい。毎日、というか毎食食べたいくらいですが、人気があり過ぎてすぐ品切れになってしまうのが悲しいところ。間違いなく僕が一番好きなフィリピン料理です。

これらローカルなお店はWebサイトがあるようなところではないので詳しくは紹介できませんが、Nepo Mallの近くとだけは伝えられます。そして幸いなことに、ネポボの先生やスタッフなら誰でも知っていることでしょう:p

せっかくフィリピンに来たのなら、マニラではじけたいぜ!という方はこちらもご参考に。
■マニラで遊ぶ>>フィリピン留学

0 comments
Submit comment