— yusskei.net

フィリピン留学体験記 —社会人でもできる「1週間だけ英語留学」

PH_road
フィリピン語学留学が流行ってますね。周りでは、物価が安くて授業料もお手頃なので数ヶ月の長期で行ったり、一方で、詰め込みで勉強に集中できるので数週間の短期で行く友達がいたりしました。僕の場合は超短期で、去年の夏に1週間だけStory Share, Inc.が展開するボーディングハウス「Nepo Bording House」(通称ネポボ)に行ってきたので、その時のことを少し。

ネポボがあるのは首都マニラからバスで約2時間半の街、アンヘレスAngeles。歴史的にはもともとアメリカ軍基地があり、今ではその跡地にクラーク国際空港ができて、経済特区にも指定されている大きな都市です。そんな土地柄、いかがわしいお店が山ほどあることでもかなり有名で、ゴーゴーバーが端から端まで連なる繁華街はまさに無法地帯。露出度高めなお姉さんたちがむちゃくちゃいます。肌感覚では東南アジアで一番じゃないかっていうくらい。

・・というのがネポボに決めた理由ではなくて、僕はフィリピン留学を考え始めてから実行に移すまで時間的な余裕が全然無かったため、日程とコストを勘案するとここしかかったのです。学習スタイルや住環境はできる限りWeb見るにも、結局あとは実際に行ってみないと分からなですし。ちなみにネポボは日本人経営の安全性とリーズナブルな料金、効果的な英語学習法「Cycle Learning Method」、高い教師の質を謳っていますが、どれも十分に満足のいくレベルでした。およそ週40時間(1日約8時間)で、食事や居住費込みで計5万円くらいだった気が。時間単価1250円といったところです。

フィリピン留学を振り返ってみると、やはり英語ネイティブを相手にするので、一番効果を感じたのはスピーキングです。とりわけ「基礎レベルの間違いに気付くこと」、「スピーキングの恐怖心の克服」には効果覿面でした。前者は例えば冠詞・複数形・時制。「a」?「the」?、「s」つく?時制合ってる?・・ってなことをずっと自問自答する習慣が付きました。後者は単純に「発話する」ことの効果です。四六時中英語に囲まれる環境に身を置くことで、躊躇せずに会話をしようとするマインドが育まれました。間違えるのを恐れて喋れない・・ということが、少しは解消できたのかなと感じています。

他に覚えているのは、特に生徒のことをよく考えてくれた先生のこと。当時僕はTOEFLを勉強していて、クラス以外の時間も自習をしていたのですが、最終日のクラスでは「通常のカリキュラムじゃなくて、時間を好きに使っていいよ」と言ってくれました。そのクラスはとにかくTOEFLのスピーキングをして、先生からフィードバックの嵐。そのお陰もあって、帰国後のテストではスコアが大幅アップしました。

色々な目的で、多くの人が自分に合った学校を見つけられるといいですね。それに、そこで出会う先生やスタッフ、生徒からも刺激をもらえるはず。一歩踏み出せば素敵な出会いがたくさん!基本的に変わった人しかいないので楽しいはずです。


メインの建物。1Fは共有スペースとキッチンになっていて、常に人が集まる空間になっています。食事をしたり、クラスのすき間で休憩したり、空きコマやクラス後に自習するスペースです。ちなみに建物内は日本語使用不可。このルールがほどよい緊張感を生み出してます。


敷地内の屋外共有スペース。ここは日本語可で、息抜きやリフレッシュしたい時に使ってました。ベンチやテーブルもある、リラックスできる好きな場所でした。


泊まった部屋はネポボで一番大きな個室。ここに先生が来てクラスが行われます。個室の広さはまちまちで、他には二人部屋のところも。その場合一人は部屋で、もう一人は共有スペースでクラスを行うみたいでした。先生は22.3歳前後の若いフィリピン人。みんなマジメです。


毎日のクラススケジュール。見ての通りAM8からPM5までぎっしり。CLM(=Cycle Learning Method)はとにかく発話がメインで、定型文をとにかく繰り返すことで音の流れや文章構造を覚えます。PRON(=Pronunciation)は発音。例えば「r」と「l」の違いなど。SBS(=Side by side)は簡単な会話で、瞬発的に何回も行うことで基礎を身につけます。

PH_drink新しく生徒が来たり、期間が終わって日本へ帰ったりと出会いと別れがたくさんのボーディングハウス。Welcome partyでは新しい出会いに、Farewell partyでは門出への祝福に乾杯!という体で、みんな飲みたいだけです。


BOARDING HOUSE:
Nepo Boarding House
http://nepobo.com/index.html
久しぶりにWebサイトを見るとリニューアルしていて、写っているのが当時の先生&生徒やらなので笑えます。先生はもちろん、スタッフや生徒もみんなフレンドリーで楽しい1週間でした。友達は系列のManila校、Baguio校と3校全てに行ったけど、Nepoが一番マジメだったと言っていました。