— yusskei.net

The 33% Club ーイギリスの女性登用は進むか

33CLUB
少し前に興味深い記事があったのでメモをしておくと、10月29日付のCity AMのトップニュースは「企業における女性登用」。ボードルームにおける男女間のバランスを調査/提言する〈Women on Boards Davis Review〉の4年間のレビューが発表された:Government backed Davis Review targets women holding one third of board seats by 2020.

記事の要点としては:

  • 2011年のDavis Reportの提言ーFTSE100企業のボードルームにおいて、2015年までに女性が25%を占めることーを達成(26.1%)。
  • そして今回、新たな目標値ーFTSE350企業のボードルームにおいて、2020年までに1/3を女性が占めることーを提言。
  • 今後の課題は、ボードルームに入る女性の「パイプライン」を強くすること。現在FTSE100で31.3%というNon-executive directorの女性比率は、彼女らの任期が一旦終わることで、向こう18ヶ月で17-26%に低下するとする調査もある。

要は、まず初めの取り組みとして能力のある女性を引き上げれば一時は数値が上がるものの、彼女らに続く人材を探し育てることをしないと継続的には向上しないというのが現在の問題なのだ。

FTは数値をビジュアルで出していて理解しやすい。前回比較としては、FTSE100のボードルーム女性比率全体は2011年の12.5%から2015年は26.1%に上昇した。細かく見ると、Non-executive directorは15.6%から31.4%へ、Executive directorは5.5%から9.5%に増加している。各国を見渡すと、現在、ノルウェイ(35.1%)だけが1/3を超えていて、スウェーデン(32.6%)とフランス(32.5%)もこのラインに近い:CBI welcomes Davies report raising women on boards target to 33%

日本については、Bloombergが取締役に女性を置く企業の数を調査していて、TOPIX1858社のうち196社で10.5%とレポートしている。成長戦略で女性の指導的地位に占める割合を20年までに30%とする目標を掲げて、16年度からは大企業を中心に施策を行動計画に明記することを求める方針らしい。さてどうなるか。:日本企業の取締役会、9割が女性ゼロ-先進国最低、価値向上足枷 (1)

0 comments
Submit comment