— yusskei.net

ArtMag曰く…静かな環境でアートを楽しみたいなら、パリを抜け出して目指すはブルターニュ。

ArtMag
Frieze Londonで配布されていた〈ArtMag〉の特集「忙しない大都市を抜け出して、どこに行けばリラックスしながらアート&カルチャーを体験できるか?」は、次の旅行へのヒントを与えてくれた。FriezeのメインスポンサーであるDeutsche Bankが発行するこの雑誌は、オンラインでも公開されている: QUIET, PLEASE! Where do you find relaxation during the art summer?

St. Peterburgのエルミタージュ美術館のアドバイザーであるNicolas Iljineのイチオシは、フランス北西部のBrittany(=ブルターニュ地方)だ。海岸線が広がるこの地域は、伝統的な文化と美しい景色が残っている。漁師たちは毎日午後になるとその日の収穫を引き上げてきて、ローカルマーケットは、この地の名産であるクレープとサイダーと共に賑わう。Quimperの大聖堂ではクラシックミュージックのコンサートが催され、近くのFine Arts Museumでは良質なエキシビジョンが開かれるという。

I like travelling to Brittany where we have a house in the village of Pont l’Abbé near Quimper. Whether it is the nearby ocean tides, the fishermen bringing their catch in around 4 PM every day, going to the local market or enjoying crèpes with cider, the region has an astonishing vitality, beautiful landscapes and fields, no pollution and strong cultural traditions. The 13th. Century cathedral in Quimper radiates serenity & calm and often hosts evening concerts of classical music. The nearby Fine Arts Museum has often surprisingly good exhibitions.

歴史的な背景としては、Brittanyはケルト文化圏に入る。Scotland, Wales, Ireland, The Isle of Man, Cornwall、そしてBrittanyが6つのCeltic Nationsらしい。16世紀まで独立国だった地域で、ケルト語系のBreton language(ブルトン語)が今も話されている。この地名の由来も、Great Britainに対する「Pettit Britain」だ。TelegraphのTravel Guideはいつもいい手掛かりをくれるね。ああ、調べれれば調べるほど面白そう。絶対にどこかの夏で行くわ。

0 comments
Submit comment