— yusskei.net

修士論文:一般マラソンランナーのリピート参加に関するモチベーション研究

DES
Masterコースの最終プロジェクトとして、9月末に修士論文/Dissertationを提出した。構想から完成まで10ヶ月、Supervisorの下で、形式に則ったアカデミックリサーチを行ったのは何にも代え難い経験になった。インタビューの文字起こしも入れて100ページ超の論文。何という達成感!!

テーマは、一般マラソンランナーのリピート参加に関するモチベーション研究。「なぜ一般ランナーはマラソン大会に繰り返し参加するのか?」という大きな質問に答えるリサーチとなる。Interpretative Phenomenological Analysis (IPA: 解釈学的現象学的分析)のアプローチで、一般マラソンランナーへのインタビューから鍵となるモチベーションを分析して、その結果を先行研究と比較して議論したのがこの論文だ。イベントマネジメントの観点からすれば、イベントにおいて参加者のリピート要因を研究するというのは理にかなっているが、今回においてはスポーツ心理学の範疇でもある。当初は単体のイベントにおけるリピート要因を研究したかったけれど、イベントへのアクセスができずに破談になった経緯がある。理想と現実の狭間でもがくのは苦しい。

Queenwood library Japan branch is now open temporarily:/ 24hrs operation:/ :/ #Dissertation #MasterLife

Yusskeiさん(@yusskei)が投稿した写真 –


スケジュールは、まず12月頭に第一弾の構想を大学に提出。この大きな方向性を基に、指導教官Supervisorとなる学部の教授/レクチャラー陣が振り分けられた。その後、1月からSupervisorとTutorial/面談を重ねて、2月末にプロジェクトの提案書とEthics listを大学に提出。クオリティや実現可能性、倫理面に問題がなければ許可が下りて、実際にその計画が進められることとなる。後はSupervisorとの調整次第で、自分は4月下旬までにLiterature reviewを終え, 5月はコース課題を優先、6月中にMethodology, 7月中にインタビューの質問項目を完成させて、7月末〜8月中旬でインタビュー実施、9月中旬までに論文を書き上げて、校正に出して、9月21日に晴れて完成!という段取りだった。Supervisorとは適宜Face-to-faceやSkypeでコミュニケーション。当初予定よりかなり遅れていたので、完成した際の安堵感と言ったらない。


修士論文のマーキングが現在進行形で行われていて、11月中頃に結果が分かるらしい。「もっと時間があれば..」という心残りはあるけれど、本音としては、時間の制約と能力的な限界を踏まえて、達成感と充実感があって満足しているので、もうどう転んでもいいかなと思う。ハウスメイトが「終わったけど、もっと良いものができかもな〜。ちょっとPhDに興味が出てきた」とか言っていたのが信じられない。ちなみにPhDの友人に「Dissertation完成したよ!15,000単語くらいになった」と報告したら、「Well done! 僕のChapter 1とだいたい同じだね:)」と労ってもらった。PhDには絶対に進まない。

下記は、論文からAbstractを抜粋。研究の大枠はこんな感じということで。フルバージョンは手持ちであるので、要望があればデータ差し上げます:)

0 comments
Submit comment