— yusskei.net

Aegon International Tennis 2015 @Eastbourne

Aegon
6月末にEastbourneで女子テニスの国際大会「Aegon International」が開催されたので行ってみたら、予想以上に面白くて観るテニスに完全にはまってしまった。

WTA (Women’s Tennis Association)によるEastbourneでの国際トーナメントは1974年から開催されていて、2009年からAegonがLTA (Lawn Tennis Association)のメインスポンサーになったことからAegon Internationalという名称になっている。Wimbledonの直前に行われる芝の大会で、そのウォームアップも兼ねた選手の出場もあることから「Pre-Wimbledon」とも呼ばれている。そんな歴史あるイベントに「家から近い(徒歩5分)」のと「無料(初日のみ)」だからという何とも消極的な理由で足を運んでみたら、かなり面白いじゃないか!という発見があった。

まずイベント視点で見れば、フェスティバル感のある雰囲気が素晴らしかった。よく手入れされた緑の芝が美しくて、グラウンドレベルのコートはそこに直接設営される。隣にはフード&ドリンクの売店があり、店先にはテーブル&チェアがテラス席として並んでいる。シャンパンが似合うのもテニスならではだ。テニスは試合時間が長く、さらに同じスタジアム/グラウンドで複数の試合が行われる。必然的に滞在時間が長くなるので、1日のDay-outとして考えるとチケット価格に対して得られる体験が多く、コスパが高いように感じた。これはWimbledonでも同じことが言える。

次にスポーツ的な観点では、テニスはルールと判定がとても明瞭だ。サーブを交互に打ちながら、決められたエリアでボールをラリーして、相手がミスをすれば得点が入る。基本的には15-30-40とポイントを重ねていってその次で1ゲームを取り、6ゲーム先取で1セットを取る。女子は2セット、男子は3セット先取で試合の勝ちが決まる。同ポイント/ゲーム/セットの場合は延長になるという例外があるだけだ。試合には主審の他に線審が5人居てボールのIn/Outのジャッジを行う。Wimbledonになれば映像でも判定する。フットボールでは考えられない。

加えて、テニスのプレー経験が(少しとはいえ)あったのは、競技レベルを理解するのに役立った。テニスは高校の体育で触れただけだったけれど、ボールを打つのにどれだけ正確性が求められるか、前後左右のフットワークがどれだけハードか、ラケットを振り続けるのがどれだけ利き手に響くか。自分の体験をもとに、凄まじいほどプロはレベルが高いとイメージができた。学校体育の影響力はなかなか侮れない。

最後にファッション的に見れば、選手の出で立ちが綺麗なこと。予想するに身長がアドバンテージになるスポーツなのでスタイルが良い選手が多いし、ユニフォームのデザインも一層それを際立たせている。決してSexist的な意見ではなくて、キレイ/カッコイイという感覚に響くものはファッションとしての価値をもたらすので、普及という観点からするととても大事なことだ。ランニングブームをファッショナブルなウェアが支えているのに通じるものがある (日経Trendy)。Naomi Broadyは弟のLiamと共に兄弟で活躍するBritishの若手プレーヤーで(二人とも今年のWimbledonにWild Cardで出場している)彼女のInstagramはとてもBritishの女の子っぽくて良い。

I love this view so much #AegonInternational #Tennis #Eastbourne

Yusskeiさん(@yusskei)が投稿した写真 –


全体の眺めはこんな様子。Centre courtとCourt 1はスタジアムで固定席、Court 2-5はグラウンドレベルで観客がパイプ椅子で周りを囲む。この上位コートはスタジアム、下位コートはグラウンドで行う形式はWimbledonも同じ。


グラウンドレベルのチケットはとにかくコートの近さが凄い。ボールを弾く音や審判の声はもちろん、選手が審判やボールボーイ/ガールに話す言葉まで聞き取れる。真剣勝負の選手達はエキサイトしているので、割と文字に起こせないことも口にするのには驚いた。

Day one for qualifying tournament #AegonInternational #Tennis #Eastbourne

Yusskeiさん(@yusskei)が投稿した写真 –


ボールボーイ&ガールの動きも好き。彼らはこんなにも必要以上にきびきび動く必要があるのだろうかと疑問ながらも、その様子が微笑ましくも思ってしまう。まるで機械のような動作とシステマチックな連携で試合をサポートしている彼らには賞賛しかない。

Wherever host countries are, people are patriotic. Huge advantage for GBR! #AegonInternational #Tennis #Eastbourne

Yusskeiさん(@yusskei)が投稿した動画 –


Britishのプレーヤーに歓声が集まったのも印象的。この日はピンクユニフォームのLaura Robsonへの注目度が特に高かった。彼女は元British No.1のランキングで、17ヶ月の手首の怪我からの復帰戦がこのAegon Internationalだった。やはり誰でも母国のプレーヤーへのシンパシーは強い。

0 comments
Submit comment