— yusskei.net

スペイン南部アンダルシア地方へショートトリップ:街歩き、古城巡り&ハイキング

CDR
スペイン南部のAndlusia地方に5月末から6月始めにかけて、10日間小旅行してきた。GranadaのAlhambraとMalaga郊外のCaminito del Reyを大きな目的にして、SevilleからCordoba, Granada, Nerja, Malaga, RondaまでBackpackingすることに。魅力的な都市がコンパクトに集まったこのエリアはとても旅行しやすい。

このエリアの中でも、内陸で歴史的にイスラムの影響が大きいSeville, Ronda, Cordoba, Granadaと、地中海岸沿いのCosta del Sol (Coast of the Sun)であるMalaga, Nerjaに大きく分けられる。内陸の街々はイスラム支配後にキリスト教が入ってきているので、Alcazar/MosqueとCathedral/Churchが並立していたり、Arabic, Jewish, Christianの地区が確立されていたりと街を歩くだけで面白い。Costa del Solはとにかく海とビーチ。山々や峡谷の自然が近いのも良いといった感じ。

印象としては、Alcazarの建築としての壮大さと緻密さ、そして併設された庭園の優雅さが何といっても見事。Seville, CordobaのAlcazarに十分感動してしまって、Alhambraの印象があまりないくらい。Cathedralは通常通りCathedralという感想で、このエリアであれば絶対Alcazar優先かと。Seville, Cordoba, Granadaと進むに進むにつれて観光地っぽさが増していったのも印象的だった。特にCordoba、Granadaは予想よりも随分大きな近代化された都市で面食らった。ショッピングストリートが通っていたり、観光客向けの飲食店が並んで、Backpackスタイルが少し浮くような状態。おおよそ多くのヨーロッパ都市と同じ感じかな。

Costa del Solは、とにかくこの時期の気候と自然のセッティングが素晴らしかった。特にNerjaはビーチが岩肌に囲まれていて、海の逆側は山並みといった風景は雰囲気がとても良い。リゾートではあるものの、そこまで高級感がなかったのも居心地が良かった理由。Malagaは都市らしさ観光地らしさに加えて学生街であることがGranadaに似ていて、とても若い街の印象。Caminito del ReyとRondaに出掛けていたので、あまり街歩きはしていない。Caminito del Reyは想像よりは短いハイキングコース(7km/4時間)だったけれど、期待通りの絶景と高所の恐怖感があって一番の思い出でもある。

どの街に旅行に出掛けても楽しいけれど、スペインは特に気候と料理という点で満足度がずば抜けている。気温は高い(Seville/Cordbaで日中35℃辺りだった)けれど日陰は涼しいし、日が長いので夜から出掛けることもできる。スペイン料理は魚介類が豊かで、TapasやPinchosなど小皿料理が多くて種類が豊富。街にあるMercado (Market)に行けば手頃な屋台もある。ワインもビールも美味しくて、全体的にコスパが高い。朝はラテが1.5Euroから、昼はビールが1.5Euroから、夜はワインが2.5Euroから始まる。楽しくないはずがない:p

Flickr: https://www.flickr.com/photos/yusskei/sets/72157651936525513/


0 comments
Submit comment