— yusskei.net

デュッセルドルフ&ケルン:冬のドイツ、クリスマスマーケット巡り

XMAS
冬休みを利用して(エントリ:この冬はドイツ&スコットランドへ。)ドイツ西部のデュッセルドルフDusseldorfとケルンCologneに行ってきた。主な目的はシャルケの試合観戦とケルン観光だったけれど、デュッセルドルフも含めて大満足だった。とても旅行しやすい。

デュッセルドルフを全ての起点にして、宿もここに4泊取った。空港から市内の中央駅まで電車で15分というアクセスが素晴らしいし、市内は中央駅から北西にコンパクトに広がっていて、メトロとトラム、徒歩を組み合わせればどこでも行ける。12月はクリスマスマーケットのシーズンで、市内では6つのマーケットが開かれていた。ホットワインを飲みながらマーケット巡るだけでもう楽しい。ホットワインMulled Wineは一杯3-4Euroで、カップのデポジットとして別途2-3Euroほど。ソーセージ(3Euro程)も堪能できるよ。他にはKunstsammlung Nordrhein Westfalenという現代美術館(K20 GrabbeplatzとK21 Ständehausの2つの建物に分かれている)も幾つか好みの作品があって良かった。

シャルケの試合観戦については別途詳しく書こうと思うけど、とにかくサポーターが熱狂的で雰囲気は最高である。対戦相手はケルンだったのだけどこちらも相当熱く、スタジアムの雰囲気という点では、自分がヨーロッパで見た中では、シャルケ>アーセナル>バルセロナ>ブライトン>セルティックだ。当日は内田の鬼アシストも見れて大満足。シャルケは1-2で負けたけどね。

ケルンは、大聖堂とLudwig美術館が中央駅の真隣、クリスマスマーケットも大聖堂の隣と市役所の隣の広場(駅から徒歩5分ほど)で開かれていたので、この駅周辺エリアから足を踏み出していない。マーケットに関しては、ケルンの方が一つずつのマーケットの規模が大きい。ここでハンドメイドのオーナメントとサンタクロースの蝋人形、ミニくるみ割り人形を購入。飛行機でCheck-inバッグを預けるタイプの旅行者であれば、ワインも買うのが正解と思う。

冬のドイツは寒いけれど、クリスマスマーケットが予想以上に楽しくて(アルコールのお陰という説もある)全然悪くないじゃん、というのが正直な感想。あとどこでもドイツビールが美味しいよ。

Flickr: https://www.flickr.com/photos/yusskei/sets/72157649655621059/

0 comments
Submit comment