— yusskei.net

TEDxBrighton 2014に行ってきた。

TEDx
TEDの地域版とも言うべきTEDxがBrightonで先月末に開かれたので行ってきた。もともとTED Talksには教材としても多々お世話になっているし、イベント専攻の学生としては視察も兼ねてということで、コースメイトの誘いに二つ返事で乗ることにした。

TEDxBrightonは2011年から開催されていて今年で4回目。2014年は「Many Hands」を掲げて、コネクティビティ(連結性)、コンバージェンス(集合)、コミュニティがテーマとなった。スピーカーは事業家から小説家、アーティスト、アクティビスト、ハンターまで多彩で、良くも悪くもトークの幅も質も幅広かたというのが率直な感想。会場のBrighton Domeは1F席がほぼ満席、400名程は入っていたと推測する。

トークの中では、ここBrightonでサステナビリティを追求するスーパーマーケット〈hiSbe〉を立ち上げたRuth Anslowや、各国で子供たちへのテクノロジー教育を行う元GooglerのStefania Drugaらが印象に残った。同時に、University of BrightonやSussex Universityの卒業生も登壇していて、この地域でエコサイクルが回っているのもTEDxの姿としては正しいのだろうなと思う。TEDのコンセプトとルールに則って各地で開かれているTEDx、更に広まってほしい!

0 comments
Submit comment