— yusskei.net

Folkestone Triennial 2014:イギリス南東の小さな町でアートフェスティバル

FK
イギリス/イングランド南東端のFolkestoneで開かれているアートトリエンナーレ〈Folkestone Triennial 2014〉に行ってきた。11月2日までの開催だけれど、暖かいうちにということで10月の秋晴れの一日を使ってドーヴァー海峡で有名なDoverの隣町まで足を伸ばした。

Folkestone Triennialは、2008年から3年ごとに開かれていて今回が3回目。「海沿いの小さな町のアートフェスティバル」という耳障りの良さの通り、4時間くらいの駆け足の滞在だったけれどとても満足感がある。フェスティバルの雰囲気というよりは、アート作品が町全体に屋外展示されていると表現した方が正しい落ち着きだけれど、マップを手にしながら初めて降り立った町を歩くのは純粋に面白い。海岸エリアに出れば、古い港とフランスまで眺められる海、それに沿って広がるビーチの絶景が現れる。「イギリスは田舎に行くほど素晴らしい」と耳にしていたけれど、正にその通り。小さな町の魅力が溢れていた。

Folkestoneの町は、トリエンナーレの影響からかアートな雰囲気が漂う。町の中心から海岸へ抜ける〈The Old High Street〉には小さなアートショップ、アンティークショップが連なり、海のある景色ということもありCornwallのSt. Ivesと姿が重なる。それに加えて、過去のトリエンナーレの作品が常設となって残っていくので、目に見えるアートが町に蓄積されていく。個人的には2014の作品もそれ以前の作品も同じくらい印象に残っていて、この発展的な仕組みには感心した。

[Photo] A K Dolvinの〈Out of Tune〉はFolkestone Triennial 2011の作品。色褪せない存在感と魅力はアートならではかもしれない。

Flickr: https://www.flickr.com/photos/yusskei/sets/72157648473268765/



他の作品たちもInstagramより。Yoko Ono〈Earth Peace〉のシリーズは今回最も展示が多かった作品の一つ。ビルバオのグッゲンハイム美術館といい、何だか最近彼女の作品とよく出会う。

読み込み中

#FolkestoneTriennial 2014 #YokoOno #EarthPeace #ArtFestival #Folkestone

Instagramで閲覧



Strange Cargo〈The Luckiest Place on Earth〉はFolkestone Central鉄道駅からすぐの高架下に4つ。街並みに溶け込んでいるような、存在感のあるような絶妙さ。

読み込み中

The Luckiest Place on Earth by #StrangeCargo #FolkestoneTriennial #Folkestone

Instagramで閲覧



ホテル〈The Grand〉に掲げられたYoko Ono〈Earth Peace〉。Mapで場所に辿り着いても、まさか建物の上とは思ってなかった。

読み込み中

#YokoOno #EarthPeace on top of #TheGrand #FolkestoneTriennial #Folkestone

Instagramで閲覧



アート作品ではないけれど、ベンチの足元に描かれたストリートアート。粋!

読み込み中

The happiest #bench in the world #FolkestoneTriennial #Folkestone

Instagramで閲覧

0 comments
Submit comment