— yusskei.net

ベルギーをぐるりと9日間:アントワープ→ゲント→ブルージュ→ナミュール→ディナン→ブリュッセル

BE
西ヨーロッパを巡ってきたこの夏、オランダはアムステルダムの次に向かったのはベルギーだった。距離的に近いのに全く違う文化が楽しめるというヨーロッパらしさを早速体感する。このルートはバスで4時間ほど。MegabusやEurolinesが走っているので使い勝手も良い。

ベルギーの目的は、何と言ってもビール。後は美術館を中心に、その街その街をゆるく歩くことにした。ベルギーの街はどれも個性がありそうだったので、Antwerp、Ghent、Bruges、Namur、Dinant、Brusselsと首都から小都市までばらけさせてみた。どこも街並みが美しく、冗談抜きにビールが美味しかったのは印象的。一方で、街が大きくなればなるほど清潔さと伝統的な街並みが薄れていくのは世界共通でもあった。体感的には、Namur、Dinantの川辺の小さな町は、のどかな雰囲気を求めるのであればどちらかは必見!城から眺める赤屋根の街並みは、ヨーロッパ感がとてもある。

基本的には、ビールを飲みながら、ほろ酔いでゆったりと歩くくらいがベルギーは丁度よいと思う。Antwerpで300くらいの銘柄を扱うバーに行ったり、Leffe発祥のDinantでLeffe飲んだり、Ghent行ったけどほぼ飲んでしかいないとか、夢のようである。

Flickr: https://www.flickr.com/photos/yusskei/sets/72157647562615807/

0 comments
Submit comment