— yusskei.net

プレマスターのクラス課題②:リサーチプロポーザル

Truck
Pre-master/Graduate Diplomaのコースで唯一、英語&ビジネス科目でないのがResearch & Critique。これはアカデミックなリサーチに馴染みのなかった自分にとっては、純粋に一番学習量が多い科目で、きっとMasterでも役に立つだろうなという感触を持っている。

この科目はアカデミックリサーチの理論と実践の習得を目的としていて、理論は毎週のクラスでセミナー形式で学び、実践はリサーチのプロポーザル提出とリサーチ実施、そしてその仕上げリポートの提出という内容になっている。提出前に数回Tutorial(面談のようなもの)があったりと、クラスから出るボリューム(!)でTutorも熱心に指導してくれている。そして、ターム1の最終課題が前述の一つであるリサーチプロポーザルというわけ。

このプロポーザル(そしてターム2でリサーチとそのリポートにも続く)については、各生徒が自由にトピックを設定できるのだけど、リサーチ自体がInternational Collegeの生徒対象になるので制限があるのが厄介な点。もっとも、制限のないリサーチなんてこの世に無いけど、どうしても自分の興味があったりMasterの内容と重ねるのが難しいというのは、他のStudentも感じていたらしい。

自分は色々と検討して、子供/青年期のスポーツ経験と、その後の生活でのスポーツ参加の関連をトピックに設定した。肥満や運動不足は社会問題となっているけれど、そに対して人々がスポーツやフィジカルアクティビティをするファクターって何なんだろう、というのが中心で、過去の経験と現在の状況を調べるのと、その相関を明らかにするのがこの内容。

このプロポーザルを書くにあたっては、Riterature Reviewを行い、Methodologyを検討し、Ethicsを勘案するという作業が入っていて、中々のタフワーク!今後に活きると信じないとやってられない。

0 comments
Submit comment