— yusskei.net

マラケシュの歩き方/食事:タジンを求めて屋台&カフェ散策 (Apr. 2014)

BCCcafe_02[Photo] Bakchich Cafe

モロッコは食が美味しい。タジン鍋Tajin、クスクスCouscousなど名の知れた料理は、そのシンプルだが奥深い味は日本人にはとても良く合うと感じた。それに続く名物はケバブKababになるのだろうか。アラブ地域共通の料理だが、フランスのコロニーであったモロッコでは「ブロシェットBrochette(串焼き)」という表記でメニューに載ることもある。

また、これはフランス統治もありながら同じくアラブ地域共通のようだが、パンが異様に美味しい。モロッコではTajinをオーダーすればパンが付いてくるのが普通で、お代わりしても追加でチャージされることも無い(もちろん限度はあるかもしれない・・)。

他の都市も同様、Medinaの中心や入り口となる広場や門を離れると、食事のできるカフェが途端に見つけ辛くなるのがモロッコ。ココだ!と思うところがあれば思い切り良く入ってしまうのがいいかもしれない。


1. 屋台
Jamaa el Fnaでは夕暮れ前から屋台が立ち始め、夜には一斉に呼び込みが始まる。30軒以上の屋台が連なる様子は圧巻。僕は適当に入って相席のVenezueranとScottishと食事を共にした。オーダーしたTajin Vegetableは結構小さめで25DH、Kababが35DHほど。正直少し期待外れではあったけども、後で出会った日本人の子に聞くと、屋台の中でも人気店は知られていて、長い行列になるとか。屋台では空腹負けずに人混みの人気店を探すのも一つの方法。

Stall


2. カフェ
Cafeが集まる一つのポイントは、Jamaa el Fnaから北東、〈Cafe de France〉の奥に入った辺り。そこで入った〈Bakchich Cafe〉のクオリティには大満足だった。まずはドライフルーツ&ナッツのジュース(20DH)と、付け出しのオリーブが何とも美味。そしてTajin Kefta(ミートボールを玉子でとじたタジン, 40DH)が絶妙。これ以降VegetableかKeftaばかり食べるようになったほど。雰囲気もスタッフも気持ちが良く、是非お勧めしたいCafe。https://www.facebook.com/BakchichCafe

BCCcafe


3. カフェ・番外編
いくら名物と言えども、Tajinに飽きてしまったらどうしようか。あるいは生粋のVegetarianやVeganも満足するであろうCafeが〈Earth Cafe〉だ。Jamaa el Fnaから南東に延びるRiad Zitoun Rakdim Rd.を進むと途中で看板が見える。Tajin&Couscousを推す屋台とカフェとは一線を画すVeggie系カフェ。
http://www.earthcafemarrakech.com/

EcafeMenu料理は、”Thin Filo Pastry filled with Pumpkin Spinach Goat Cheese Apple Source”。ゴートチーズとグリル野菜があれば美味しいの法則。70DHとやや高め。OrangeとAppleのMix juiceもGoodながら20DHとやや高い。

ECafe_road入り口は無茶苦茶奥まっている。「ここで合ってる・・?」と不安になれば道は正解です。

ECafeモロッコらしさ満点のタイルの看板。

0 comments
Submit comment