— yusskei.net

マラケシュの歩き方/宿泊:リアド泊でモロッコを体感 (Apr. 2014)

Riad10[Photo] Riad N10

モロッコの宿といえば、伝統的な家屋を宿泊用にアレンジした「Riad」が外せない。モロッコの街並みは外見上は至ってシンプルで、赤土色の壁から成る長方形型の建物に、同じく四角型の窓が取り付けられているだけで、特段趣向を凝らした様子はない。

しかし、一歩足を中に踏み入れると、鮮やかなモロッカン・アラビックデザインのカーペットや調度品があらゆるスペースに配され、見事なまでの空間が造られている。

騒々しい街とタフな気候という外側と、見とれるほど優美で心休まる内側との大きなギャップが、この街の見所の一つであるのは間違いないと思う。


1. Riad N10
Marrakech一泊目の〈Riad N10〉は「地球の歩き方」で過去表紙を飾ったことで有名な宿。ディティールまで可愛らしさを追求した宿の造りが美しく、またオーナーやスタッフが暖かい一級のRiad。一泊42EURだが、元々3名用の部屋であることを考えるとコスパは最強。http://www.riad10.com/en/

Riad10_02〈Riad N10〉のゲストルーム。何から何まで趣向が凝らされていて、バスルームも含めて広々としてクリーン。翌日のルームレートを聞いたら35EURの部屋があった様子。この宿以外でも、モロッコはRiadという性質上、3〜6人用の大きめの部屋が多かった印象。多めの人数で割るのがコスト的には正解のよう。


2. Riad Dia
二泊目の〈Riad Dia〉は建物の中心が大きく開けてた典型的なモロッコの造りで、その中心にはプールがアレンジされた、いかにもBackpacker向けの宿。ギターを弾いたり、プールに入ったり、ソファでミントティーを飲んだりと旅人達が気ままに過ごす。Common spaceは綺麗だが、12名用のシェアルームが雑然とするのは仕方がないところ。一泊80DHという値段を考えればこちらもコスパ高。
http://www.marrakechrougehostels.com/riad-dia/4582365731

RiadDiaとにかく居心地がいいRiad。外に出たくなくなる。

Dia昼とは一味違う夜の雰囲気。24時頃までダンスミュージックが鳴り響く。

0 comments
Submit comment