— yusskei.net

Surf Film Festival 2013 TOKYO

SFF
Surf Film Festival 2013は逗子、茅ヶ崎、そして東京で行われていた映画祭です。数日〜1週間、朝や夜にサーフ映画が毎日上映されます。作品はクラシックなタイトルから、ガールズサーファーを描いたもの、パドルを使ってサーフィンをするStand Up Paddleをテーマにしたもの、それに環境問題を描いた〈180°South〉など多彩でした。

個人的に観たい作品が並んでいたこともあって、僕は3日続けて通ってました。平日の夜にこんなに映画が観れるなんて、なんて幸せなこと!下にトレーラーを貼った2つのタイトルは中でもお勧めです。ちなみに、実は一番楽しみにしていた〈The Present〉がかなりいまいちだったのが残念でした・・

〈High Water〉はまさにサーフ映画の王道です。ハワイでの大会の様子と現役・レジェンドのサーファー達へのインタビューを通して、サーフィンの魅力を余すことなく描いています。純粋にサーフィンを愛する彼らの姿と迫力がありながらも美しい波、そして海に落ちるサンセットがとにかく綺麗。


〈First Love〉はオーストラリアのガールズサーファーを追いかけた作品です。Jess、India、Nikkiというプロサーファーを目指す女の子3人が、広大な海と羊の他には何もないような町から、ハワイの大会に行くところまでを撮っています。実際Nikkiにはスポンサーもついているほど全員サーフィンが上手い。でもそれ以上にこの映画が魅力的なのは、彼女たち自身のキャラクターです。サーフィンにひたむきに打ち込む真摯さ、一方でパワフルで格好いいサーフ姿、そして何より弾けんばかりの素敵な笑顔は、美しい自然といけてる音楽も相まってきっと忘れられません。もう大好きすぎるのでVimeo貼りまくっちゃいますね。







[Photo] Surf Film Festival 2013

0 comments
Submit comment