— yusskei.net

レアジョブでIELTSを勉強するときのおすすめ講師

rarejob
IELTSで多くの人がつまづく「スピーキング」。そのトレーニングには、とにかく発話する・会話することが正攻法ですが、コスパを考えると月額数千円で何時間もネイティブスピーカーと話すことができるオンライン英会話は魅力的です。僕はずっとレアジョブユーザーで、IELTS学習へ以下のように使っていました。

まず第一は、IELTSを知っている講師を見つけること。「講師検索」タブから「講師の自己紹介から検索」を選び、「IELTS」を打ち込んで検索します。すると、IELTSを教えていた、あるいはIELTSでXX点のスコアを持っています、というような講師がヒットします。それらを「ブックマーク」しておけば、IELTS対応講師のリストが出来上がりです。

次に、実際にレッスンを受けてみます。教え方が上手な講師はブックマークに残して、いまいちと思えば削除していきます。そうすれば自分好みの講師リストが完成し、後は自分のスケジュールに合わせてレッスンを予約していくだけ。これが一番効率的で効果的です。

ということで、僕が辿り着いた講師陣をリストアップしてみます。結構、厳選した形になって最終的には数名に絞ってしまいました。ちなみに、上からおすすめ順です。

— Reych先生
http://www.rarejob.com/teacher_detail/8157/
僕が経験した中で一番Cheerfulな先生です。教材を利用したレッスンは的確で、一方で雑談もたくさんあり純粋に楽しかったです。多いときは毎日予約してました。

— Ira先生
http://www.rarejob.com/teacher_detail/625/
IELTSを知っている講師の中で、比較的レッスン時間があり予約が取りやすいです。教え方や進め方は至ってジェネラルです。

— Jomarie先生
http://www.rarejob.com/teacher_detail/6185/
こちらも上に同じ。

— Hazlot先生
http://www.rarejob.com/teacher_detail/7603/
レッスン時間が多くないのが難点ですが、指摘なんかは的確です。

一応参考のために、僕はあまり合わなかったけど、人によっては役に立つかもという講師も紹介しておきます。

— Mignon先生
http://www.rarejob.com/teacher_detail/7927/
教えてくれようとする気概はとても嬉しいのですが、それが溢れすぎても困るパターン。なんというか、一言でいえばスパルタです。指摘は的確だけど口調が厳しいので結構普通にへこみます。お金を払ってしばかれたいというタイプの人にはもってこいです。

— When. A先生
http://www.rarejob.com/teacher_detail/6814/
ドライに淡々とクラスを進めるタイプで、レッスンに余計な会話は必要ない!というタイプの人にはおすすめできます。

ネットさえあればできるオンライン英会話。例えば、IELTS当日にレッスンを入れて、直前に発話の練習をすることも可能です(実際、テスト会場の廊下でスカイプしたこともあります)。うまくいけば緊張が取れて、スピーキングの結果も良くなる、はずです。

2 comments
  1. Vicki Harrell says: 2013/06/1111:24

    Hi, thanks for sharing. I’m wondering if it’s OK to copy some of the text in my site?

  2. yusskei says: 2013/06/1614:29

    Sure, no problem:)

Submit comment