— yusskei.net

Archive
2014年3月 Monthly archive

GTree[Photo] Gumtree

Gumtreeとはオンラインのローカル掲示板のようなもので、モノの売買から仕事情報やイベント告知までカバーして、個人からのお知らせ(=Classified Ad、とはいえ広告掲載料は掛かりません)を表示するサイトです。eBayのようなオークション方式でないため、表示価格で納得すればそのまま売買が成立する点が手間が省けて個人的に気に入りました。今回、自転車を探すために初めて使ったのですが、紆余曲折を経てついに手に入れたので、それまでの経緯を少し:)

まず始めに、サイト上では検索の際に地域を選びます。小物であれば発送費が安くなるほか、自転車のようなものだとCollection only=現地から持ち帰る他ない場合があるのです。次に、気になる広告があればもう早速TELもしくはEmail。EmailはGumtree内のセキュリティメールを経由するので、電話番号からのTextingが一番手っ取り早いなというのが今回のLearningです。

そして広告主と連絡が取れれば、僕の場合は商品特性上、トライをさせてもらうために2名のフラットまでお邪魔しました。見ず知らずの人と会うのは気が引けますが、広告主はビジターには慣れているのでNo Problem。今回の2人もとっても気さくでした。ちなみに最初にトライしたレースバイクは写真以上に古かったので断念、2つめのマウンテンバイクに落ち着きました。でも、結構いい出会いかも!

ちなみに余談まで、僕の知識自体がだいぶ怪しいですが、日本とイギリスでは自転車の呼び方がやや異なるので要注意。ロードバイク(JP)はレースバイク(UK)、クロスバイク(JP)はハイブリッド(UK)というような感じですが、かなりまちまち。ちなみにマウンテンは不変です。それから、BrightonはCity Central以外では自転車専用レーンがある場所もあり、かなりBike Friendly。イギリスの中でも珍しいと思います。自転車はマウンテンバイク乗りが多くて、凝ってる人はロードバイクという印象。日本みたいにファッション感覚でロードやクロスに乗ってる人は少数です。そもそも新品はかなり高値(マウンテンで安くて£300=¥50,000、ロードは£500超)なので、気軽には手が届かないのかもしれません。

Gtree02Second Handで£50。引き渡し時はタイヤのエアーが抜けていたのとサドル高が合っていなかったので近くのBike Shopで調整してもらいました。カギは一旦1ポンドショップで頼りないものを購入、Amazonで買い替えるつもり。そしてサドルが尋常じゃなく硬いので、これもAmazonで買って取り替えます。このままだと臀部が破壊される。

Read More

Lens01
留学をはじめとする海外での長期滞在は、普段コンタクトレンズを使っている人にとっては、その調達方法は悩ましい問題です。ただ、それがイギリスであれば全く心配無用!オンラインショッピングのLENSTOREがめちゃめちゃ便利です。

LENSTORE.co.ukはコンタクトレンズのオンラインリテーラーで、その名の通り全てがWebだけで完結する便利サービスです。ACUVUEやOPTIXなどメジャー製品はもちろん取扱い、Webでのオーダーも簡単、そして配送も迅速となれば非の打ち所がありません。購入にあたっては、自分のコンタクトレンズの度数とベースカーブが分かっていればOK、医師の診察等は全く必要なく、カード決済ができればそれでパーフェクトです。通常、注文翌日には発送されて、その翌日には商品が手元に届くと思います。このサービスの安定感は、イギリスのぐだぐだサービスに疲弊している全ての人にとっては感動的でさえあるかと感じます。

さらにLENSTOREでは、Amazonの定期便のように、商品を定期的/自動的に購入することが可能です。しかもこのリピートオーダーの場合、毎回定価から10%割引されるという太っ腹ぶり。そもそも定価も1Day両眼30日分で£34とリーズナブルなので、ますますお得感があります。今は為替レート(£1=¥170)で割高ですが..

ということで、イギリスにこれから住む方は、期間分のコンタクトレンズを全てスーツケースに詰め込む必要なんて全くありません。LENSTOREですべて解決です。ただ、これからもお得サービスがあればどんどん探していきたいので、他のサイト等があればまた紹介していきます。

※そのうちRegulationやProcedureが変わったらゴメンナサイ

Leas02些細なので気に留めなくてもいいんですが、パッケージに日本語表記を発見!もしや主要国向けの商品は全部同一化されてる?それにしても、海外に来たときのグローバルブランドのクオリティにおける安心感は通常の比じゃありません。

Read More