— yusskei.net

Archive
memoir

TIME
今年を振り返って来年に考えを巡らすには少し早いかもしれないけれど、2016年のスポーツシーンの注目を一つ挙げるとすれば、それはObstacle Race(障害物レース)だ。フィットネス、エクササイズの延長線上で、このトレンドはどこまで拡大するだろうか。Sean Gregory氏によるTIME誌の記事: “The Rise of the Suburban Spartacus”がそれを思い出させてくれた。

Obstacle Raceのブームはアメリカ発だ。レースの参加者は、5-20kmの距離の中で、ロープを使ったクライムや、炎の上や泥の中を駆け抜けたりなど、障害をクリアしていくことが求められる。個人やグループでの参加など、形式は様々だ。Tough MudderとSpartan Raceは代表的なレースイベントで、国外にもそれぞれのブランドで展開している。Seanは、Spartan Raceが2015年に20ヶ国で120イベント(2011年比で39イベント増加)を開催し、累計で100万人の参加者数となることを指摘して、過去5年をObstacle Raceマーケットの初期段階と見ている。加えて、これらの他にも同じフォーマットで次々とイベントが開かれている。これらは、フィットネスやエクササイズの延長と見ることができるが、健康面でのベネフィット以上に、達成感や繋がりといった精神的なベネフィットを訴求しているのがユニークだ。Seanは”体験を通した仲間意識”が鍵であると、Spartan Race CEOのJoe De Senaの次の言葉を引き合いにしている ー「フリスビーとフットボールには違いがある。我々は、フットボールのようになりたい。」

「American Ninja Warriorを知ってるか?」ー 大学のレクチャーに登壇したMark Cooper氏が学生達にそう尋ねたのは、いかに障害物レースが人気を博しているか紹介するためだった。彼はParkourというフリースタイルランニングの国際的な普及と競技化に努めていて、それは広義では障害物レースである。耳を疑ったのは「これは日本のテレビ番組”SASUKE”に由来していて..」と聞いた時で、なぜならSASUKEは既に廃れた番組だと思っていたからだ。10年前には確かに人気があったように思うが。しかし現実は、NBCが2009年からオンエアするアメリカでは、今年のシーズン最後の放送で600万人の視聴者を惹きつける番組にまで成長 (TIME: 同上)、イギリスでは2015年3月に”Ninja Warrior UK”として上陸後、ITVは来年もシリーズ2を放送することを決定している。



日本に目を向ければ、SASUKEがもう一度大ブームとなるかは別として、Obstacle Raceが拡大していくのは確率としては比較的高いと考えている。Color RunやBubble Runなど、ファンランニングは既にスポーツやエクササイズの域を越えてファッションとして浸透し始めていている。ソーシャルメディア上でシェアしたくなるようなコンテンツであることも大きい。一方で、達成感や仲間意識などをシリアスなタッチで訴求するのは日本人には響かないので、これらがどうローカライズされるかがポイントではある。2013年にReebokがUrbanathlonを東京で開催したけれど、彼らはもしかすると流行を先取りしすぎていたのかもしれない。

Read More

Moniker
10月中旬、Frieze Art Fairと共にLondonのアートシーンを盛り上げるのが〈Moniker〉と〈The Other Art Fair〉。ShoreditchのThe Old Truman Breweryで開かれるこの2つのアートフェアは、Frieze Londonのオルタナティブとして、より身近で手頃なコンテンポラリーアートを提案している。

Frieze Londonは、比較的抽象的な作品が多く、既にギャラリーで取り扱われているアーティストの展示が中心。それに比べると〈Moniker〉はストリート色が強く、〈The Other Art Fair〉はIndependentのアーティストが多い。彼ら自身が展示スペースにずっと居たりする。どちらも作品の価格帯はFriezeより低く、Friezeの作品が£10,000レンジだとしたら、一桁下がる辺り。まあ、それでも十分高いのだけど。

#Moniker today! #OldTrumanBrewery #London #Shoreditch #ContemporaryArt

Yusskeiさん(@yusskei)が投稿した写真 –


MonikerとThe Other Art Fairは会場をシェアしている。会場中は隣合っていて区切りがないので、どちらかのチケットで入れば両方見ることができる。

Mini panel discussion at #Moniker thamed the value of street arts. #Shoreditch #London

Yusskeiさん(@yusskei)が投稿した写真 –


正直、Monikerで好みの作品は無かったけれど、面白買ったのはパネルディスカッション。「ストリートアートの価値とは何か」というテーマで、ストリートアートが如何に地域コミュニティに貢献でき得るか議論された。London Borough of Waltham Forest(Hackneyの北東隣)のCulture & Heritageのヘッドが、「ストリートアートは、繋がり、安全、文化遺産をコミュニティにもたらすので、地域の再生RegenerationとマーケティングDestination marketingに活用できる」と認識していているように、戦略的にプロジェクトが展開されていたことが印象的だった。

Finishing a brilliant #cocktail Nice catering. #Moniker #TintAndShade #Shoreditch #London

Yusskeiさん(@yusskei)が投稿した写真 –


MonikerとThe Other Art Fairの中間に置かれたドリンクのケータリング。カクテル(£7〜)をテイクアウトして展示を見ることができる。

One of the best at #TheOtherAirFair here, 'Entry' by a photographer #TommyClarke @tommy.clarke

Yusskeiさん(@yusskei)が投稿した写真 –


The Other Art Fairで好みの作品を幾つか発見。イギリス人写真家のTommy Clarkeは、Aerial Photographer航空写真家と名乗っていて、小型ジェットやヘリコプターに乗り込んでオブジェクトの上空から撮影する。この視点にこだわった彼の作品はどれも面白い。(参考: Mail Onloine – Jump right in! Stunning pictures of the ocean from above which makes you desperate for a holiday

Another best.. works by #KerryEggleton Love this! #TheOtherAirFair #London #Shoreditch

Yusskeiさん(@yusskei)が投稿した写真 –


こちらもThe Other Art Fairより。Kerry Eggletonの作品は、人間のようにドレスアップした動物たちがモチーフ。これは..可愛い。

Read More

Frieze
ロンドン最大の現代美術のアートフェア、Frieze London 2015に行ってきた。10月14日〜17日のこのフェアに合わせて、幾つものフェアが並行して開催されるなど、コンテンポラリーアートに注目が集まる10月2週のロンドン。去年見逃して悔しかったので、今年は気合を入れてプレミアである初日に行ってきた。

Friezeはエキシビジョンではなくて、あくまでアートフェア。アートコレクターやディーラーが基本的には顧客で、その他にアートに関心のある一般にも広く開かれているという理解でいい。展示を行っているギャラリーの数は150以上。片っ端からじっくり見て回って4時間はかかった。幾つかお気に入りのアーティストを見つけられたし、カフェやレストランのクオリティも含めて全体的に満足。Friezeに来るような層の人たちのファッションを見るのも個人的には楽しかった。(例えば、FT: How to dress for London’s Frieze art fair

それでもさすがに一般人の自分にとって£45のエントリーフィー(雑誌とトートバッグ含む)は高い。おまけにリュックサックが持ち込めずに£5のクローク料を取られる始末(トートバッグ、ハンドバッグはOK)。将来は、小銭のようにこのエントリーフィーを払って、Friezeの会場でお気に入りを一つ買えるくらい稼ぐようになるんだ..

#FriezeLondon today! #Frieze #London #Art #ArtFair #RegentsPark #ContemporaryArt

Yusskeiさん(@yusskei)が投稿した写真 –


会場はRegent’s Parkの一角に専用のホールが設営される。ギャラリーの出展スペース、カフェ、レストラン、スクリーニングスペース、VIPルーム、クローク、トイレといったファンクションを高いクオリティで提供していたのに驚かされた。

Food catering was superb by the way. #Gails #FriezeLondon

Yusskeiさん(@yusskei)が投稿した写真 –


カフェ、レストランのケータリングはクオリティ高し。加えて見せ方も美しい。席は足りなすぎだけども。


一番好みだったアーティストは、イギリス人アーティストのIvan Seal。独創性とディティールへのこだわりに心奪われてしまった。ロンドンの〈Carl Freedman Gallery〉による展示。

#GlennBrown is another best. Elegant. #FriezeLondon #ContemporaryArt

Yusskeiさん(@yusskei)が投稿した写真 –


次点は、こちらもイギリス人アーティストのGlenn Brown。〈Gagosian Gallery〉(NY, ロンドン他)は、展示スペースを彼の作品だけのために作り上げてきた。繊細なディティールとゴージャスな仕上がりは、一目で彼の作品と分からせる。素晴らしい。

'Ens: Always Loved You' by #TakashiMurakami #FriezeLondon #ContemporaryArt

Yusskeiさん(@yusskei)が投稿した写真 –


自分のテイストではないけれど、独創性という点では、村上隆Takashi Murakamiの作品は、他と際立って異なる。コンテンポラリーアートに関して時々疑問に思うのは、幾つかの作品は既視感があることで、その点において彼の作品は非常にフレッシュだ。

Read More

Stokey
Stoke Newingtonに引っ越して来た訳だけれど、このエリアは文化的にも政治的にもHackneyの一部だ。行政区域としては、London Borough of Hackneyとなる。

Hackneyは歴史的に移民の多い地域で、アフリカ、中東、トルコ系の住民の比率が見渡す限りかなり多い。2011年のセンサスによれば、「White British」の割合はEngland全体で約80%、London全体で45%に下り、Hackneyは更に低い36%だ (Hackney Council)。宗教も多様で、キリスト教徒38%(vs England: 48%)、No religion 28% (同20%)、イスラム教徒14% (同12%)と続き、ユダヤ教徒も6.3% (同2%以下)住んでいる (Hackney Council)。特にHaredi (Charedi, Hasidic, Ultra-Orthodox: 超正統派) Judaism という最も厳格なユダヤ教徒のヨーロッパ最大のコミュニティはStoke Newingtonの北側エリアのStamford Hillにある (Hidden London)。

多様な人々が住むということは、彼らの暮らしを支える文化が広がっているということだ。MosqueやSynagogueはもちろんあるし、他にはコーポレート(例えばTesco, Sainsbury等)でないOff-licenceのスーパーマーケットの数が極端に多い。多くは野菜や果物を扱っていて、肉屋、魚屋も何軒もある。恐らく宗教と食文化の嗜好の影響によるのだと思う。Dalston Kingsland駅の横に広がる食材のマーケット〈Ridley Road Market〉はその集積とも言える。Brightonで肉屋、魚屋なんて見たことなかったので驚いた。次は、この食文化に関して、カフェ&レストラン辺りのことについて書きたいと思う。

Read More

Stoke
10月の上旬からLondonのStoke Newigntonに引っ越してきた。インターンを見据えてのことだけど、一度Londonで暮らしてみたかったのも理由の一つ。Londonの人や物事ってどう進むのかなと。Brightonだと、全てがゆったりまったりしているので:p

部屋探しはLondonに住む日本人向けのフォーラムMixBを利用。準備期間が短かったので何事もクイックに進めたかったし、やはり日本人の信頼感は揺るぎないので。冗談抜きに、ローカルの不動産エージェントよりもよっぽど日本人の一般人の方が連絡や対応が丁寧。ただしLondonの物件はすぐに捌けてしまうので、部屋探しは割と苦労した。結局、タイミングよく押さえられたStoke Newingtonの部屋に決定。エリアにこだわりがなかったものの、あまり外側に離れるのは避けたかったので、今のZone 2-3相当は納得の範囲。あとは、前の入居者の方がいろいろと対応してくれてとても感じ良かったのも大きい。さすが日本人!:’

Stoke NewingtonはLondonの北東エリアで、大きく区分けするとHackneyの一部になる。Stoke Newingtonから南に行くとDalstonとその東のHackney、そしてHoxtonからShoredithに着くという位置関係。最寄駅はOvergroundのStoke Newington駅で、Undergroundは徒歩圏内に無いけれど、バスがCentral Londonから頻発しているので、交通の便は悪くない。London King’s Crossまで30-40分くらい。このエリアは文化的に面白いので、今のところ結構楽しんでいる。

ChurchST
家からすぐのStoke Newington Church Street。最近、小洒落たお店が増えてきているらしい。1kmくらいの通りにパブ、カフェ、セレクトショップ、レストランが並ぶ。日本食レストラン〈FUJI〉と〈Whole Foods Market〉が近いのがかなり嬉しい。これで日本食/食材には困らない。

HCitizen
ローカルフリーペーパー/新聞の〈Hackney Citizen〉を古本屋で発見。どの街に行ってもローカル紙があるのはイギリスらしいところ。公共機関の広報やローカルビジネスの広告もかなりミックスされているけど、ローカル情報はどれも興味深い。

Clissold
Stoke Newington Church Streetが西で突き当たるのがClissold Park。歴史的建造物のThe Old ChurchとClissold Houseから、子ども向けの遊び場、テニスコート、カフェまで敷地内にある公園。この日は秋晴れだったけど、これから冬というのが悔やまれる。

Read More